サラ金で即日融資!最短1時間でお金を借りる方法!サラ金で即日融資!最短1時間でお金を借りる方法!

サラ金で未成年者が借りられるのか?

サラ金とはサラリーマン金融の省略語で、今で言う消費者金融のことです。かつて消費者金融の利用者は、今と違いサラリーマンの方がほとんどなので、そう呼ばれていたのです。

さて未成年者が現在消費者金融(サラ金)でお金を貸してもらえるかと言うと、答えはNOです。

なぜなら現在消費者金融の申し込み条件として、全社満20歳以上の方を対象にしているからです。これは民法で、未成年者が法律行為を行う時、原則として法定代理人の同意を得なければないないと規定されています。

さらに未成年者が法定代理人の同意を得ないで行った法律行為は、取り消すことができるとも規定されているのです。

ですから消費者金融は、いちいち親の同意があるかどうか調べるのは面倒ですし、万が一の場合は取り消される恐れがあるために、わざわざ面倒な未成年者には貸さないというわけです。

もし未成年が結婚した場合、20歳に達したものとみなすという成年擬制があります。例えば女性は16歳で結婚したら、大人になったとみなされ、本人の責任で法律行為を行えます。

ただし消費者金融だけでなく銀行カードローンでも、申し込み条件が満20歳以上となっているので、結婚していても結局借りられないことに変わりはありません。

では未成年者が絶対にお金を借りられないかというと、そんなことはありません。例えば高校生以外の満18歳からは、クレジットカードに申し込めます。

クレジットカードにはお金が借りられるキャッシング枠が付いています。未成年者でも10万円程度なら、認められる可能性はあります。

また高校生以外の満18歳以上の方なら、学生ローンを利用できます。学生ローンは、学生専門の消費者金融のことです。学生ローンも原則満20歳からが申し込み条件となっていますが、一部の業者では満18歳から申し込めます。

もちろん利息制限法の範囲内で貸し付けるので、全く借りても問題ありません。消費者金融より若干金利も低いというメリットもあります。

↓↓↓
サラ金とは
サラ金に関する記事一覧