サラ金で即日融資!最短1時間でお金を借りる方法!サラ金で即日融資!最短1時間でお金を借りる方法!

サラ金とは消費者金融のことを主に指しますが、彼らからお金を借りる際には申し込みをして契約を済ませなければなりません。<\p>

無事に契約まで至れば振込やATMでお金を直ちに借りられるようになりますが、1社だけだと借入限度額が少なく、他社からも借りたくなる場面も出てくることでしょう。

そのようなときには、複数のサラ金と契約を結んでお金を借りる手段を利用するのがおすすめです。単純に考えて1社だけでは30万円しか借りられなくても、同じ借入限度額が認められる他社とも契約できれば、合わせて60万円まで借りられる計算になります。

お金を借りる相手の数に限りはありませんので、誰でも複数のサラ金と契約を結べます。利用価値があると考えたなら、このような使い方で工夫してみてもよいでしょう。

しかし、複数のサラ金と契約を結ぶ際には気を付けなければならない部分があります。消費者金融には総量規制の法律が用意されている点に注目しましょう。

総量規制とは年収の3分の1までの融資に限定される法律になります。つまり、120万円の年収であれば、40万円までしか借りられないことになります。

借りられる金額は他社を含めた合算ですから、1社との契約で既に総量規制の上限値に達していれば、他社でお金を借りることができません。

但し、消費者金融以外の銀行や信用金庫、信用組合などのカードローンやフリーローン、消費者金融でもビジネスローンなどは総量規制の対象外ですので、これらの借入額については合算されないことを覚えておきましょう。

希望する限度額が50万円を超える場合、もしくは他社の借入額が100万円を超えている状態だと収入証明書の提出を求める消費者金融が大半です。総量規制の問題や、返済能力の有無を確認するための対応ですから、素直に従ってください。

複数のサラ金と契約を結ぶこと自体は問題ありませんが、あまりにも数が多いと審査に通りにくくなるため、必要最低限に留めるのがおすすめです。

↓↓↓
サラ金とは
サラ金に関する記事一覧