サラ金で即日融資!最短1時間でお金を借りる方法!サラ金で即日融資!最短1時間でお金を借りる方法!

サラ金とローン減税の関係とは

サラ金で借りたお金はローン減税の対象になるかもしれないと思っている人は、何か断片的な情報をつなぎ合わせてそのように思っているのでしょう。一般的にはサラ金はローン減税の対象になりません。

借りたお金は、いわば自分の家計の中で赤字部分なのだから、その分は減税の対象になるのではないかと思っている人は、おそらく会社の決算か何かと勘違いしている人です。

確かに会社の決算においては、借入金というのは赤字部分であり、売上高から差し引いて利益を計算することができます。それを元に物を考えて、サラ金からの借入であっても同じように自分の収入から差し引けるのではないかということでしょうが、それは間違いです。

個人の場合は会社とは異なり、借入金を収入から差し引けるような制度は基本的にありません。唯一の例外と言えるのは住宅ローン減税です。もしかすると、混同している人はこの制度のうち、住宅という文字が抜け落ちて一人歩きしているのかもしれません。

確かに住宅に関しては、その取得のために借入をした場合、一定の条件のもとで減税対象とすることができる制度があります。

ただしそれは本当に住宅の場合だけです。住宅以外は、たとえば自家用車の購入の場合であっても、海外旅行やブライダルその他の費用のためであっても、そのための借入金に対する減税措置などは設けられていません。

なお、住宅ローンの場合は、その借入先がサラ金であるかそれとも大手銀行の住宅ローンという名前のローンであるか、名称や借入先は関係がありません。とにかく自分の住む住宅の取得のためにお金を借りたのであれば対象とすることができるのです。

自分の住む住宅ということも実は条件の一つですが、自分の住まないような住宅を購入する人はごく一部の例外的な人だけでしょうし、そういう人はそのような住宅購入がローン減税の対象外となることをおそらく十分に理解しているでしょうから、ここで詳しく説明する必要はないでしょう。

↓↓↓
サラ金とは
サラ金に関する記事一覧