サラ金で即日融資!最短1時間でお金を借りる方法!サラ金で即日融資!最短1時間でお金を借りる方法!

学生でも借りることのできるサラ金

社会人になれば会社から給料を受け取ることができ、それによって自分の買いたいものや急な出費でも対応することができますが、学生ではアルバイトがせいぜいであり、旅行やイベントなどに対応するのが難しいものです。

社会人なら企業で働くという信用があるためサラ金からお金を借りることができるのですが、学生では無理ではないかと考えられがちでしょう。

ですが、実は学生でもサラ金を利用することが可能で、少額ですが小口の融資を受けることができます。サラ金とはサラリーマン金融の略称で、銀行とは違い民間の貸金業を営む企業のことです。

一般的には消費者金融と呼ばれる個人向け融資を行うもので、現在ではテレビや雑誌などで広告を見ることもあるでしょう。

より分かりやすい名称としてはカードローンと呼ばれ、担保や保証人などは必要なく、年齢や収入の条件さえ合っていればアルバイトやパートの人でも融資を受けることができるのです。

年齢の条件は基本的に20歳以上の成人のため、それ未満の年齢では借りることはできません。通常は18歳から大学生となるので、入学してすぐにアルバイトをしても借りられることはないと考えましょう。

逆に収入の面でも条件は同じため、例え20歳以上であってもアルバイトなどをしていなければ利用できません。条件さえクリアすればサラ金の利用は問題ないので、この点だけはしっかりと理解しておく必要があります。

ちなみに、サラ金で借りられる限度額は総量規制によって決められるため、年収の3分の1以上の融資は受けることができません。基本的に限度額は10万円からとなっていることがあるので、アルバイトでも年収30万円以上は稼いでいることが条件となります。

また、信用が大切な要素となることから社会人でない学生では大口の融資が受けられない可能性があります。例え年収が300万円を超えていたとしても、限度額100万円の借り入れは難しいでしょう。

学生では信用が不十分ということもあり、20~30万円ほどが一般的だと考えておくと良いかもしれません。

↓↓↓
サラ金とは
サラ金に関する記事一覧