サラ金で即日融資!最短1時間でお金を借りる方法!サラ金で即日融資!最短1時間でお金を借りる方法!

サラ金で虚偽申告をしてもバレる

サラ金でお金を借りるためには年収、勤務会社、借入れ状態などが良好である必要があります。

どの程度良好であればいいのかは各社の基準によって一概ではないですが、単純に年収が高く、他社の延滞などがない状態が良いとされています。すると審査に通過したいがために嘘の情報で申込みをしてしまう人もいるのが現状です。

例えば新社会人は借り入れ状態に問題はないにしても、まだ年収も低く勤続年数も少ないのでお金を貸せるほどの信用がありません。

そこで信用を得るために、嘘の年収や嘘の勤務会社を書き込み、虚偽の申告をするとします。この場合、審査に通過することはできるのでしょうか。

結論から言えば、虚偽申告はほぼ100%バレるので審査には通過できません。

嘘の会社名を記入したケースで確認してみましょう。審査では勤務会社に在籍確認の連絡をします。これは、記入した会社に本当に籍を置いているのか確認の電話をすることで、もちろん籍を置いていなければ嘘であることがバレてしまうでしょう。

嘘だと分かればもちろん審査には通過できませんが、それ以外のペナルティも受けることになります。

虚偽申告をしたおいう情報は信用情報として記録され、全てのサラ金業者で共有されるため、他の業者で正しい情報で申込みをしたとしても信用できないとして審査に通過できることはないでしょう。

この信用情報は数年間影響を受けます。また、一度虚偽申告をしたサラ金では個別のリストを持っているので何年経過しようがお金を貸してもらえることはありません。

他の虚偽申告でも同様です。審査をしていく中で確実にバレると言っても過言ではないので、正しい情報で申し込むことが大切です。

お金を借りるという行為は信用が重要ですが、信用とは誠実さです。正しい情報の提供はもちろん、お金を借りた後も延滞などがないようにきちんと返済をしていくことが信用につながります。

信用が高まると融資額のアップも期待できます。

↓↓↓
サラ金とは
サラ金に関する記事一覧