サラ金で即日融資!最短1時間でお金を借りる方法!サラ金で即日融資!最短1時間でお金を借りる方法!

サラ金には中小消費者金融も含まれる

サラ金というのは大手だけでなく、中小消費者金融も含まれているのです。大手消費者金融や銀行提携の業者をイメージする方は多いですが、限度額50万円くらいの街金も含まれます。

銀行業務を行わずに融資専門とする業者のことを、ノンバンクまたはサラ金と呼ぶことが多いようです。中小消費者金融は大手と比べて、限度額が低く抑えられています。

50万円にしているところが多く、100万円なら高額融資と考えてよいでしょう。資金力がそのまま限度額につながっているため、大手のように500万円以上に対応しているところはまずありません。

ただ、限度額の大小についてはお金を借りる上であまり関係ないと言えます。サラ金は総量規制の対象になるので、限度額まで借りることは難しいのです。

最高500万円に対応している業者から借りる場合も、実際に500万円まで借りることはまずないでしょう。サラ金から借りられる最高額は年収の3分の1なので、200万円を借りたい状況でも600万円以上は年収が必須なのです。

サラリーマンの平均年収は400万円とも言われているので、実際に借入できる金額は100万円までとなることが多いです。

実質年率に関しては中小消費者金融のほうが若干高く設定されていることがあります。極端には変わりませんが、大手と比べて20.0%を上限にしているところが多いです。

最近のキャッシングは18.0%以下が主流であり、これは大手も中小消費者金融も変わりませんが、後者の一部は現在でも20.0%に設定しています。

限度額・金利などを見ると大手サラ金のほうが有利ですが、中小消費者金融は融通が利きやすいというメリットがあります。大手で借りられない場合も対応してくれることがあるので、最後の借入先として検討しておくのはよいでしょう。

一括払いを意識して借りれば、利息は大手レベルに抑えることができます。数万円くらいの借入なら、金利が数%違っても利息にはほとんど影響しないでしょう。

↓↓↓
サラ金とは
サラ金に関する記事一覧