サラ金で即日融資!最短1時間でお金を借りる方法!サラ金で即日融資!最短1時間でお金を借りる方法!

サラ金は自己破産をした人でも借りられるのか?

2006年以前は、自己破産をした人でも借りられるサラ金はそれなりにありました。

しかし、2006年に最高裁判決が出て、「みなし弁済」が実質的に否定されてからは、サラ金はグレーゾーン金利を設定できなくなり、また、その後出資法が改正されて、20%を超える金利を設定すると厳しい罰則が適用されてしまうようになったため、サラ金の経営は厳しい状況に追い込まれました。

過払い金請求などが原因で、経営状況が悪化し、倒産してしまった業者もたくさん存在します。

現在の消費者金融は、ほとんどすべての業者で利息制限法を守った金利が適用されます。ほとんどの貸金業者では、最高金利が18%となっています。10万円未満の融資の場合には、年20%となることもあります。

昔は29.2%というグレーゾーン金利が設定されていたことが多く、消費者にとってはリスクが高かったですが、貸金業者にとってはたくさんの利益が得られることであり、自己破産をした人にお金を貸すというリスクをとるだけの余裕もありました。

また、昔は10%程度の保証料を納めることを条件にして、自己破産をした人にお金を貸すという業者もありました。例えば、10万円を借りる時に3万円の保証料を納めるといった具合です。

しかし、貸金業法などの法律が改正されて、そういった行為は基本的に禁止されるようになりましたので、その意味でも自己破産をした人にお金を貸してくれる業者は減りました。

現在では、自己破産をしていてもお金を貸してくれる業者は、ほとんどないと言ってよいでしょう。

街金と呼ばれる中小規模の消費者金融では、貸してくれるところもあるようですが、返済能力についてはそれなりに厳しく審査されます。

自己破産をしてから3年以上が経過していて、年収500万円で安定企業の正社員として働いている独身の人など、総合的に信用があると判断できるような人ならば、借りられる可能性はあります。

また、自己破産をしてから5年以上が経過している人なら、審査には影響しない可能性も高いです。

↓↓↓
サラ金とは
サラ金に関する記事一覧