サラ金で即日融資!最短1時間でお金を借りる方法!サラ金で即日融資!最短1時間でお金を借りる方法!

サラ金の債務整理をする方法とは

サラ金からお金を借りすぎて返済が厳しくなったら、債務整理をするタイミングかもしれません。借金には返済義務がありますが、返済できない状況なら仕方ありません。

放置するほど利息・遅延損害金がかさんでしまい、より返済額は増えてしまうでしょう。延滞するような状況にあるなら、自力返済は難しい状態にあると言えます。

将来的に収入が増えるなら返済していくことは可能かもしれませんが、収入が現状維持なら厳しいです。今の状態で返済できないわけですから、放置して膨らんだ借金はもっと返済が厳しいでしょう。

債務整理をするのは、返済できなくなってからではありません。返済が無理だとわかった時点で弁護士に相談するのがベストです。

今後数ヵ月は返済ができても、いずれ行き詰まるなら早めに相談するべきでしょう。早期の相談をすることで豊富な解決策が用意されますし、何よりも精神的な負担が軽くなります。

サラ金は1日でも延滞すると、連絡がくると考えてよいでしょう。延滞した理由を聞かれますが、お金がないという都合は通用しません。

金銭的に厳しくて返済できないと言ってしまえば、今後の借入ができなくなる可能性があります。

サラ金ローンを債務整理すると信用情報に載りますが、これはさほど大きな問題ではありません。5年間にわたってローンを利用できなくなるので、その期間中はサラ金、クレジットカード会社とは契約ができなくなります。

しかし、金融商品が利用できないというペナルティを考えても、債務整理によって借金を減額できるメリットは大きなものです。身の丈に合った金額まで圧縮できるので、その後は無難に返済できるようになるでしょう。

安定的にローンを返済するためには借りすぎないことが大切ですが、何らかの理由によって返済を続けられなくなることはあります。

利息の支払いでほとんど返済金が消えてしまう場合も、弁護士に相談してみる必要があります。過払い金が発生していれば、それを回収することで債務整理なしでサラ金ローンを解決できることもあるのです。

↓↓↓
サラ金とは
サラ金に関する記事一覧