サラ金で即日融資!最短1時間でお金を借りる方法!サラ金で即日融資!最短1時間でお金を借りる方法!

サラ金の遅延損害金は利息とどう違うのか?

サラ金から借りれば必ず利息が発生し、返済するときは借入日数に応じた利息を加算することになります。借入している残高に対して利息が発生するため、借入が少ないほど利息を減らすことができます。

ローンの利用では追加融資に注意するべきだと言われますが、これは借りすぎによって利息が増えてしまうからです。低金利で借りることも大切ですが、少なく借りることも同様に大切なのです。

サラ金の返済に遅れてしまうと、遅延損害金が発生してしまいます。損害賠償の一種ですが、そのつど裁判をするのは無理があるので、利息と同じように元金に加算される仕組みになっています。

遅延損害金で注意するべきことは、通常の金利より高く設定されていることです。サラ金の金利は18.0%になるのが普通ですが、遅延損害金は20.0%と少し高くなっています。

両者の利率が加算されて請求されるので、借り手にとっては大きな負担になってしまうのです。通常の利息だけでも支払いが厳しいのに、遅延損害金が加算されるのですから相当に大変になるでしょう。

安全にサラ金を利用するためには、遅延しないための返済計画を立てておく必要があります。お金を借りるときは、審査に通過するための対策を実施する方が多いですが、返済計画を念入りに立てるという方は少ないのです。

多くの方はこのくらいなら借りても大丈夫というように、漠然と希望額を決めてしまっています。はじめての借入において、すでに借りすぎていたというケースは少なくありません。

総量規制による制限というのはあくまでも法的なものであり、借り手の返済能力とは一致しません。どの程度まで借りて大丈夫なのか調べられるのは借り手本人だけなのです。

安全にお金を借りるためのコツとして、月に自由に使えるお金をイメージしてみましょう。月に2万円は自由にできるという方は、返済に回せる金額は1万円以内といったところでしょう。

無理をした返済計画は行き詰まるので、余裕を持った金額を設定してください。

↓↓↓
サラ金とは
サラ金に関する記事一覧