サラ金で即日融資!最短1時間でお金を借りる方法!サラ金で即日融資!最短1時間でお金を借りる方法!

サラ金から借りられる年齢は20歳から

サラ金からお金を借りられる年齢は20歳以上であり、19歳では借りることはできません。未成年は対応しておらず、ここがクレジットカードと違うところなのです。

クレジットカードだと18歳からOKという場合が多いですが、サラ金は20歳にならないと借りられません。審査では勤続年数も考慮されますが、1~2年もあれば借りられることが多いです。

3年以上だと高評価になると言われていますが、3年未満でも借入できる可能性は大いにあります。もし借りられないとすれば、希望額が大きすぎるのかもしれません。

若い年齢からサラ金を利用しておくことには大きなメリットがあります。早くからローンの利用を経験できるので、健全に利用すればその後のローン審査で有利となります。

ローン未経験の状態よりも、健全な利用履歴が3年ある状態のほうが高評価なのです。サラ金を利用する年齢として多いのは20代~40代であり、それ以降になると利用者は減ってきます。

年齢を重ねるほど貯金が増える傾向があるため、貯金でカバーするためでしょう。若い人ほどサラ金をよく利用していますが、その理由は給料が少ないことが関係しています。

若いうちは貯蓄も少ないので、突発的にお金が必要になったときにローンを利用する傾向があるのです。20代~30代は消費傾向も強いため、キャッシングやカードローンの利用者が多いです。

40代以降になるとかなり利用者は減ってきますが、非正規や自営業の方は利用率が高くなっています。

サラ金は20歳以上になれば利用できますが、安定した年収も必要となります。収入ゼロで借りられるローンはないため、まずは収入を得ましょう。

雇用形態は問われないので、アルバイトやパート、派遣社員といった方でも大丈夫です。初めて借りる業者の場合は、特に希望額を少なく抑えておくことが大切でしょう。

初回は業者側としても融資に慎重になるので、希望額を抑えることで審査を有利にしていきましょう。

↓↓↓
サラ金とは
サラ金に関する記事一覧