サラ金で即日融資!最短1時間でお金を借りる方法!サラ金で即日融資!最短1時間でお金を借りる方法!

サラ金の審査で重要になってくる信用情報

サラ金と契約するには、必ず審査が行われます。本当にお金を貸しても大丈夫な人物であるのかを判断するためです。

審査内容は様々な要素を確認し、総合的に判断して融資を決定することになります。審査の資料として重要になってくるのが申込書や本人確認書類、収入証明書などですが、一般の人にとって馴染みの薄い、信用情報に対する比重も高くなっています。

信用情報とは、個人の借り入れに関するもので、専門の機関が情報管理を行っています。日本には3つの機関が存在し、サラ金は信用情報を審査で利用する際に、それらの機関に存在する個人の情報を閲覧して確認します。

情報には属性や契約内容、登録内容などが細かく記載されています。本人の氏名や生年月日、性別に電話番号、住所などの基本情報から、勤務先名や勤務先の電話番号、配偶者の氏名なども確認可能です。

他にも商品名や極度額、各月における返済状況などを知ることができます。

登録されるタイミングは、住宅ローンや自動車ローン、カードローンなどの各種ローンにキャッシング、クレジットカードなど、融資に関する商品の申し込みや契約時です。

申込内容に嘘がないかを調べるのにとても便利な情報ですが、返済能力の有無に関する情報を確認する際にも大変役立つのがポイントです。

特に返済状況や借入残高の情報に注目したいところです。毎月期日までに返済できていること、遅延が発生していることなどが一目瞭然です。

3ヶ月連続で期日までに返済できないと異動の文字が返済状況に登録されてしまい、サラ金の審査が非常に厳しくなってきます。期日までに決められた金額を支払う能力がないと判断されるからです。

逆に期日までに毎回返済できている状態なら、信用できる相手としてみなされ、審査で有利に働きます。借入残高が多すぎると多額の借金をしていることが判明しますので、融資する金額を減らしたり、融資を断る材料として使うことができます。

もしもサラ金の審査に落とされたら、信用情報の内容が悪いことを考える必要が出てくるでしょう。

↓↓↓
サラ金とは
サラ金に関する記事一覧