サラ金で即日融資!最短1時間でお金を借りる方法!サラ金で即日融資!最短1時間でお金を借りる方法!

サラ金でお金を借りる場合の保証会社

お金がないときには、お金を借りるのが普通ですが、この場合には、どのようなルートでお金を借りたらよいでしょうか。大きなお金であれば、住宅などを担保にしてお金を借りるべきです。

この場合は、銀行などで貸してくれるのが普通になります。いわゆる有担保の借金になります。

この場合には住宅などを担保に出しますので、返済できなければ住宅をとられてしまいますので、かなり綿密な計画を練って返済可能な額だけを借りなければなりません。

ボーナスなどを返済予定に入れるとボーナスがなくなった時に大変ですので、ボーナスはあまり当てにしない方がよいでしょう。

一方で、額が少ない場合はサラ金などに頼ってみてもいいのではないでしょうか。サラ金という言葉自体はあまり最近聞きませんが、消費者金融と同じ言葉になります。消費者金融はもともとサラ金と呼ばれていました。

かつて金利が高かったのであまり良いイメージがありませんでした。そこで名前を消費者金融という風に変えるようにしたのです。法律で金利は下がったものの、それ以外の実態はサラ金も消費者金融も同じになります。

お金を借りる場合には、保証人が必要と言われていますが、サラ金の場合は保証人は必要ありません。なぜ保証人が必要ないのでしょうか。

普通お金を借りる場合は、連帯保証人と呼ばれる人がおり、債務者がお金を支払わず逃げてしまった場合は、連帯保証人が責任を負ってお金を払うことになっています。

ですが保証人が必要ないのは、そこには保証会社があるからです。ふつうは、サラ金と提携している保証会社があります。

その保証会社は、サラ金でお金を借りた人が返済できない場合に返済できてないお金を保証をするというわけです。

このように考えると、保証会社はとてもありがたいものですが、債務者としては最終的に保証会社から請求が来ますので支払わなければなりません。

このように、直接カード会社が請求をしてくるわけではありませんので、その点を勘違いしないようにしましょう。

↓↓↓
サラ金とは
サラ金に関する記事一覧