サラ金で即日融資!最短1時間でお金を借りる方法!サラ金で即日融資!最短1時間でお金を借りる方法!

サラ金と法律の関係について

最近はあまりサラ金という言葉を聞きませんが、消費者金融という言葉とサラ金という言葉は同義と考えてよいでしょう。

サラ金という言葉は、金利が高く返済するのは大変というイメージがあり、あまり世間的には良いイメージを持っていない人も多いのですが、そういった影響からサラ金業者は消費者金融という名前に変えてよりクリーンなイメージを目指しています。

かわいい犬をテレビコマーシャルに出して宣伝をして話題になったり、ダンスをして話題になったりと様々なイメージ戦略をしています。

このように消費者金融という名前に代わってからはクリーンなイメージが広まって、今まで借り入れをしないような人も借り入れをするようになってきました。

このようなサラ金業者は、法律の決まりに従って営業していますので実際のところ安心です。

中には悪質のところもありますが、ほとんどのところは法律に従っていますので中小企業や大手違いありません。企業にかかわらず安心してくれることができると思って間違いありません。

法律に従うというのは、一番身近なところでいえば金利についてです。お金を借りる人は返済をしなければなりませんが、返済をするのが大変なのは金利がそこにかかるからです。

例えば100万円を借りた場合法律では、年利が決まっていますが、最高が15パーセントになっています。年利15パーセントというのは100万円を1年間借り続けた場合15万円を余分に支払わなければならないということです。

つまり、結果的に115万円の支払いをして初めて完済したということができるのです。

かつてはこの法律が甘かったため100万円未満であれば29.2パーセントの年利までかけることができました。ですが、これでは返済する側の負担が大きくなってしまったのです。

実際に返済できない人も多くなり、波紋を呼びました。その結果、2007年の裁判所の判決で29.2パーセントの年利は違法ということになったのです。

↓↓↓
サラ金とは
サラ金に関する記事一覧