サラ金で即日融資!最短1時間でお金を借りる方法!サラ金で即日融資!最短1時間でお金を借りる方法!

スマホを利用したサラ金市場

2017年はサラ金市場が変化する年を考えられています。変化を引き起こすのは、ソフトバンクとみずほ銀行が発表したフィンテックです。

フィンテックとは金融と技術を組み合わせた造語で、ITを使って金融サービスを展開することです。現在でもSuicaなどの電子マネーやネットバンキングなどはフィンテックを活用しています。

フィンテックがサラ金市場で本格的にサービス展開を行えば、スマホを使って借入することが可能になります。

今は金融機関に借入を申し込んで、職業や信用情報などを審査して利用できるか決まっていますが、スマホで借入できるようになると申込者が自分の信用情報を入力して信用度を上げます。

提供された信用情報は、AIが処理して借入金額の上限を決めます。AIであってもプライバシーの問題を心配する人もいますが、自分の意思で個人情報を提供するので問題ないと言われています。

無人契約機で借入を申し込むことが便利とされていますが、フィンテックでは自宅にいながら申し込みや入金ができるようになります。

ソフトバンクとみずほ銀行は店舗を持たない合併会社を設立することで、人員やインフラをできるだけカットしてコストを安くしています。

安くできた分は金利を低くすることにつなげるため、利用者は返済が楽になります。

フィンテックはITが身近になった現代のニーズに合ったサービスと見なされていますが、スマホを上手く扱えない高齢者は不便になるというデメリットがあります。

高齢者の中には従来の携帯電話しか使ったことのない人も少なくありません。借入を便利にするために何万円~何十万円もするスマホを購入するのは現実的ではありません。

ITを使いこなせていない年代がサービスを利用することができません。また個人情報の流出にも注意しなければなりません。オンライン上でお金を騙し取る犯罪がたくさん起こる可能性はゼロではないので、スマホのセキュリティ管理が重要です。

↓↓↓
サラ金とは
サラ金に関する記事一覧