サラ金で即日融資!最短1時間でお金を借りる方法!サラ金で即日融資!最短1時間でお金を借りる方法!

フリーランスの人がサラ金を借りられるのか

サラ金というのは昔はよく言われた言葉ですが、今ではあまり聞かれなくなりました。

サラリーマン金融の略語ですが、別にそのように呼ばれていた時代から、サラリーマンは代表的な顧客ではあってもそれに限定されたものではなかったのです。

今では誤解を避けるためにサラリーマンの代わりに消費者と言い換えて、消費者金融と呼ばれることが多くなっています。

呼び方が変わっただけで実態としてはさして変わってはおらず、一般的な消費者に対して、比較的少額のお金を、無担保、無保証人で融資するサービスのことを言います。

もちろん今の時代でもサラ金と読んでも別に間違いではありません。

さてこのサラ金ですが、フリーランスの人は借りられるのでしょうか。上の説明でだいたい分かるでしょうが、別にサラリーマンに限定されているわけではないのですから、借りることができます。

基本的には年齢が20歳以上で、毎月ほぼ安定した収入があればフリーランスの人でも申込むことが可能です。

さて、年齢はともかくとして、フリーランスの人が一番問題になるのは毎月のほぼ安定した収入の点でしょう。

世の中には様々な種類、形態のフリーランスがいます。その中にはサラリーマン顔負けの収入を安定して叩き出している人も少なくありません。

しかし、一方ではフリーランスとは名ばかりで、生活していくのさえやっとというくらいの収入しか得ていない人が多くいることも事実です。

基本的に収入金額が多いか少ないかは、申込みの可否に関してはあまり問題にはならないことが多いのですが、毎月だいたい同じくらいの収入を得ているかどうかというのは大きな問題です。

月によって極端に収入が異なる、多くの仕事をして収入の多い月もあれば、ほとんど仕事がなくて収入の少ない月もあるということではサラ金への申込みは厳しくなります。

できるだけ安定して仕事をしていること、業務量が月によって大きく変動していないことが重要です。

↓↓↓
サラ金とは
サラ金に関する記事一覧