サラ金で即日融資!最短1時間でお金を借りる方法!サラ金で即日融資!最短1時間でお金を借りる方法!

個人事業主でもサラ金からお金を借りられる

個人事業主は一般的な企業とは異なり、フリーランスなどと同様に収入が安定しない状態です。

一方でサラ金の借り入れの審査は、年収や勤務先、勤続年数といった属性が影響します。近年ではアルバイトやパートといった非正規雇用の人でも審査を受けることができ、簡単に利用することができます。

ですが、やはり「安定した収入」というのがポイントになっているのです。アルバイトなどは企業に所属してしっかりと収入を得ることができますが、個人事業主では仕事自体が安定しないため、サラ金から信用を得るのは難しいのです。

サラ金の個人向けカードローンは個人事業主では不利だと言われるほどのため、始めから申込みを諦めている人も多いかもしれません。

ですが、審査には通りづらいというだけで、実際にカードローンを利用している人もいるので諦める必要はありません。

まず、年収の問題もありますが、何より勤続年数がどれくらいあるかはっきりしていれば、場合によっては信用を得ることができます。

個人事業主は特に最初の数年が山場となっていて、初年度または2年目に資金繰りが上手くいかずに撤退してしまうことが多いです。

逆に収入が不安定で/も2年以上の営業実績があり、それなりに上手くいっているのであれば、返済能力の見込みがあると考えられ審査に通る可能性があります。

当然ながら年収が多ければ多いほど有利なので、それなりのお金を稼いでいることが証明できなければいけません。

カードローンの申込みでは利用限度額が50万円を超えなければ収入証明書の提出を求められることはありませんが、個人事業主であれば予め確定申告書などを用意して提出しておくと良いかもしれません。

しっかりと収入を得ることができていること、事業開始からそれなりの年数が経っていることが証明できれば、十分な信用を得ることができるでしょう。

個人向けカードローンの他にも、事業資金としてビジネスローンを受けることもできるので、どちらを使用するかは状況によって検討してみると良いかもしれません。

↓↓↓
サラ金とは
サラ金に関する記事一覧