サラ金で即日融資!最短1時間でお金を借りる方法!サラ金で即日融資!最短1時間でお金を借りる方法!

担保があるローンと無いものの違いとは?

ローンには担保が必要になってくるものと、不要なものが存在します。そもそも担保とは、お金を借りる際に保証として不動産といった財産を指定することで、契約を許されることをいいます。ローン契約をした後の返済が困難になった場合に、担保を相手に差し出すことで、返済に充てます。
不要なものだと財産を用意する必要がありません。契約さえすれば、普通にお金を借りられます。
現在のローンは無担保タイプのものが多くを占めます。多額の借り入れをすることになる住宅ローンにおいても、不要な商品が目立つ状態です。ですが、利用者の立場によっては審査次第で原則不要なものでも担保や保証人が必要になってくる場合がありますので、油断しないようにしましょう。
単純に比較すると必要のないローンの方が魅力的に映りますが、必ずしもそうとは言い切れません。担保付きのローンの方が金利が低めに設定されることが多いからです。貸し出す側としてはいざという時に不動産などのお金に変えられるものがあれば安心しますので、その分だけ金利を優遇して利息の支払いを和らげてくれます。安心して貸せる相手とみなされることによって、多額の融資が認められやすい点もメリットだといえるでしょう。
しかし、不動産などの財産の価値を正確に鑑定しなければなりませんので、融資までの日数がかかったり、諸費用が発生するデメリットについて考えておきたいところです。
担保が不要なサービスであれば財産の鑑定が不要ですから、手続きがとても簡単ですぐに融資を受けられるメリットがあります。その代わりに保証となるものが存在しませんので信用度が下がり、金利が高めに設定されがちです。
返済が困難になったとしても返済義務は生じますので、どうにかして返済分のお金を工面しなければならなくなります。工面できなければ個人再生や自己破産といった債務整理を行う必要が出てきてしまい、実行することで5年~10年程度の期間は新たなローンを契約できなくなります。

↓↓↓
サラ金とは
サラ金に関する記事一覧