サラ金で即日融資!最短1時間でお金を借りる方法!サラ金で即日融資!最短1時間でお金を借りる方法!

サラ金業者の実態とは

最近は、ほとんど聞くこともなくなったサラ金という言葉ですが、サラリーマン金融のことを言い、いわゆる今の消費者金融業者のことです。
顧客の多くがサラリーマンであったことからサラ金と呼ばれていましたが、バブル時代の到来とともに全盛期を迎え、当時は主要駅前で早朝からポケットティッシュを配るサラ金新入社員の姿が至る所で見られ、これがサラ金業界が大きく成長させた要因であるなどと称賛されたものです。

しかしながら、全盛期は長く続かず、バブルの崩壊とともに業績は悪化していくことになります。
さらに、厳しい取り立てが社会問題となり、貸金業法が改正されると、グレーゾーン金利は撤廃され、過払い金返還請求が急増することとなり一気に経営不振状態となっていきます。
サラ金大手企業の中には倒産するところも出て、業界再編が進み、大手サラ金のほとんどは銀行に買収されるか、グループ子会社となりました。
こうして、バブル期に我が世の春を迎えたサラ金業界は、あっけなくその終焉を迎えることになりました。

その後は、消費者金融業者として再生することとなります。
特に、メガバンクに吸収された消費者金融は親銀行の豊富な資金力を背景に、過払い金問題もほぼ解決し、次から次へと新しい利便性の高いサービスを開発して提供しています。
最近では、無利息サービスや審査の簡素化、24時間365日リアルタイムの振込キャッシングなどを展開して人気を呼んでいます。
こうして、全盛期には遠く及ばないものの、テレビCMなども復活するようになりました。

しかしながら、総量規制の適用や高い金利、さらには、サラ金時代の厳しすぎる取り立てというマイナスイメージもあり、低金利で安心感のある銀行カードローンの後塵を拝しているのが現状です。
今後は、銀行カードローンとの棲み分けを図ったり、長年培ったノウハウを保証会社として銀行カードローンに提供するなりして、生き残りの道を模索していくことになります。

↓↓↓
サラ金とは
サラ金に関する記事一覧