サラ金で即日融資!最短1時間でお金を借りる方法!サラ金で即日融資!最短1時間でお金を借りる方法!

消費者金融とサラ金の意味は全く同じ

現在、サラ金と聞いても意味がわからない方も多いかもしれません。
20年くらい前からあまり耳にしなくなりましたが、サラリーマン金融の略語です。
そして、現在は消費者金融と同じで、個人向けの融資の貸金業のことを指します。
一応同義語と捉えても良いのですが、財務局に届け出を出し、日本貸金業協会に加盟していて、法律に則って営業をしている金融会社のことをこう呼びます。

貸金は銀行でも行っていることですが、ベースとなる法律が違います。
銀行では銀行法であり、消費者金融は貸金業です。
ですから融資金額、審査基準などの違いもあります。
大きな特徴としては、消費者金融の方が借りやすいと言えるでしょう。
手続きなども簡単で、安定した収入と2年以上会社勤めであれば、消費者金融を利用することができます。

消費者金融の金利にしても、貸金法と利息制限法により、上限で20%を守っているところが多いです。
サラ金と呼ばれていた時代の高利貸しやグレイゾーンなども消えて、闇雲に高い金利での貸出をしていないところがほとんどです。
これも日本貸金業協会加盟であれば、絶対に暴利の業者は皆無と言って良いでしょう。

サラ金では、悪質な取り立てなどが問題に成ることも多かったのですが、現在はそのような事は一切禁止され、支払いが困難になったときには債務整理などにも対応する業者も増えています。
そして、貸し出す場合にしても、総量規制の元、年収の3分の一以上の貸出もしないので、返済に困難な貸付をするところはありません。

ただサラ金の言葉通り、サラリーマン=収入のある方にだけの貸付をするのは当然のことで、手続きは簡単ですが、審査などは厳しくなっていて、以前は借りることができた源氏額も小さくなっていることもあります。
これも確かに返済ができると証明されなければ、消費者金融の方でストップをかける法律になっている影響です。
消費者金融などの借金がかさみ、返済できなくなることの防止策の一つになっています。

↓↓↓
サラ金とは
サラ金に関する記事一覧