サラ金で即日融資!最短1時間でお金を借りる方法!サラ金で即日融資!最短1時間でお金を借りる方法!

銀行系と貸金業系のカードローンを比較する

カードローンには銀行系と貸金業系があります。両方を比較してみて、自分に合った所から借入をするといいでしょう。

銀行系には、銀行や信用金庫のカードローンがあります。総量規制の対象とならないため、収入に対する借入限度額の規制がなく、貸付金利が低いという特徴があります。一部の銀行では、配偶者に安定した収入があることを条件に、専業主婦でも借入を認めることがあります。
しかし、金利が低い反面、比較的審査が厳しいことが予想され、借入希望額に対して収入が低い場合には、申込書類を提出した時点で審査をせずに断られることもあると言われています。特に起業してから3年未満の自営業者、年収が100万円前後の方も注意が必要です。しかし、年収や勤務実績よりも、月々安定した収入があるか、それまでに借入やクレジットカード等の返済の期日を守ってきたかを重視する所もありますので諦めることはありません。銀行のサイトから借入診断ができる場合は、試してみることをおすすめします。

貸金業系にはクレジットカードや分割契約のサービスを行う信販会社と消費者金融があります。総量規制が適用されるため、借入額を合計して年収の3分の1までしか借入ができません。借入額が低く抑えられますので、おまとめや借換えの用途には向かないことがありますし、専業主婦のように自らの収入がない場合は利用ができないです。
一般的に信販会社の方が、収入や職業に関する審査基準が厳しいと言われています。しかし、借入相談の専用デスクが用意されて、相談が可能なこともありますし、振込キャッシングに対応して当日の借入に対処できるように配慮している所も見られます。

消費者金融については、利用者の利便性が高く、土日祝日でも即日融資が可能になり、返済履歴に問題がなければ審査が柔軟に行われることがあります。一例として、在籍確認の電話が難しければ、給料明細書等の書類の提出で、代わりとしてもらえることもありますし、所定の銀行口座を保有していればカードレスで郵送書類なしで、契約や借入ができる場合もあります。

↓↓↓
サラ金とは
サラ金に関する記事一覧