サラ金で即日融資!最短1時間でお金を借りる方法!サラ金で即日融資!最短1時間でお金を借りる方法!

サラ金業者の審査のポイント

サラ金業者にカードローンを申し込む場合は必ず審査が発生しますが、審査の基準は業者によって異なります。

一般的には他社での過去の利用履歴や事故歴、残債務や年収などが深く関係しています。
過去の利用履歴については、返済日に遅れること無く支払いを続けていれば、特に問題にはならず、信用にも繋がります。反対に事故歴が残っている人は信用されにくいため、審査で落とされる確率が高くなります。

事故歴には3ヶ月以上にわたる滞納のほか、任意整理や自己破産、個人再生等も含まれます。各種情報機関には、滞納については1年から5年、債務整理については5年から10年ほど記録が残されるため、この間は審査が通りづらくなります。

過去の事故歴が残っているかどうかは、本人であれば直接情報機関の窓口に出向くか、もしくは郵送で取り寄せることができます。既に事故歴が消されるだけの期間が経過しているにも関わらず、事故情報が残されている場合は、サラ金業者以外の取引を疑う必要があります。例えば携帯電話会社から月賦払いでスマートフォンを購入し、月々の携帯電話料金の支払いが遅れた場合は滞納となるため注意が必要です。

残債務に関しては、他社の全ての借り入れを合計した金額となります。年収の3分の1以上の金額を超えて借り入れしている場合は、総量規制により新たな借り入れはできません。

但し、銀行からのローンは総量規制の対象から外れているため、残債務の総額から外れます。このため、サラ金業者からの借り入れが総量規制により断られたとしても、銀行のカードローンの審査は通る可能性があります。

残債務の金額について嘘の申告をすると、ほぼ間違いなく審査は通りません。融資するかどうかは、最終的には人を見て判断しているためで、正直な金額を記載することが重要となります。
このほか、審査なしに融資するという広告を打ち出している業者も存在しますが、このような業者は疑う必要があります。

↓↓↓
サラ金とは
サラ金に関する記事一覧