サラ金で即日融資!最短1時間でお金を借りる方法!サラ金で即日融資!最短1時間でお金を借りる方法!

サラリーマン金融は怪しい業者なのか?

サラ金という言葉がよく聞かれた時期がありましたが、この言葉はサラリーマン金融を短縮したもので、お金の貸付サービスを行う業者を指します。テレビドラマや映画などでサラ金が悪く描かれるシーンが多かったため、サラ金に対して怪しいイメージを持つ人も少なくないでしょうが、実際にはまともな業者ばかりです。

金融庁にきちんと登録して営業を行っており、法に基づいたサービスを提供していますので、基本的に銀行のローンと同じように利用できると考えてください。
サラリーマン金融と呼ばれる理由は、主に個人向けの融資サービスを提供していたためです。返済能力が高めの安定した収入を持つ会社員が多く利用していたというのも、このように呼ばれる理由の一つだといえます。

サラ金は貸金業者と同じです。現在では昔の悪いイメージを払拭するために、消費者金融という名称が使われることが多くなっています。この3つの名称は、全く同じ存在だと考えて構いません。
昔は貸付条件が厳しかったですが、国内における景気低迷の時期が長かったこともあり、お金を借りられる人の範囲が広くなっているのが現在の貸金業者の特徴です。

収入が安定している正社員や公務員などのサラリーマンはもちろんのこと、アルバイトやパート、主婦や学生でも借りられるところばかりです。条件として注意したいのが、無職で収入がない人です。専業主婦の立場だと殆どの貸金業者でお金を借りることができません。

貸金業者には貸金業法を守る義務があり、この法律の中に総量規制というものが存在します。総量規制では年収の3分の1を超える融資を行なってはならない決まりになっていますので、当然ながら無職で無収入の人だと1円も借りられないことになります。

配偶者貸付という特例を利用している貸金業者であれば専業主婦でも借りられるものの、殆ど存在しない状態ですので、専業主婦ならば銀行のカードローンやフリーローンでお金を借りるのがよいでしょう。

↓↓↓
サラ金とは
サラ金に関する記事一覧