サラ金で即日融資!最短1時間でお金を借りる方法!サラ金で即日融資!最短1時間でお金を借りる方法!

消費者金融の審査内容について

消費者金融は銀行と比較した場合、審査が比較的緩めと言われています。
しかし、審査が緩めと言っても、お金を貸す側は借りる人がどのような人物であるのかを確認しなければ損失を出してしまう事になるため、所定の審査が行われる事になります。
消費者金融では、申し込みがあると、申し込み者の個人信用情報を照会し、他社からの借入の有無、過去に借金をしていたのか、借金をしていた場合や現在他社からの借入がある場合、返済をきちんと行っているのかを確認し、その上でお金を貸すかどうかを決めています。
仮に、過去の借金で度々返済が遅れている場合には、自社から融資を行った場合も返済が遅れる可能性が高いと判断される事になります。

また、個人信用情報を照会すると言う事は、消費者金融に申し込みをした事実が記録される事になるため、短期間に複数の消費者金融に申し込みをすると、申し込み数だけ記録が残る事になります。
例えば、1週間の中で2~3社に申し込みをして断れている場合、個人信用情報には2~3社に対して申し込みを行った記録が残るので、お金に困って消費者金融に多数の申し込みをしていると判断される事になります。
お金に困っている場合、返済をきちんと行って貰えない可能性があるので、審査に通る事が難しくなってしまうのです。
ちなみに、消費者金融は貸金業者に含まれる金融業者で、貸金業者には総量規制と言う年収3分の1未満での貸し付けが義務付けられています。

他社から借入がある場合は、年収の3分の1未満での融資ではなく、借入額の総額と申込額の合計が年収の3分の1未満になる必要があり、申し込み額と他社借入額の合計が100万円を超える時、借入がない人で一度に申し込みをする額が50万円を超える場合には収入証明書の提出が必要になります。

借入があるのかどうかは個人信用情報を照会する事で分かるので、偽りの申し込みをすれば審査に通る事は出来ません。
尚、消費者金融では在籍確認と言う審査も行われるのが特徴ですが、在籍確認は勤務先への電話連絡であり、会社勤めをしている事が分かれば良いのです。

↓↓↓
サラ金とは
サラ金に関する記事一覧