サラ金で即日融資!最短1時間でお金を借りる方法!サラ金で即日融資!最短1時間でお金を借りる方法!

サラ金の過払いは取り返せる

2010年6月の法改正以前からサラ金でお金を借りていた場合、過払い金が発生している可能性があります。グレーゾーン金利と呼ばれる利息制限法の上限金利を超え、出資法の範囲内の金利を適用している業者が多く、利息制限法を超える金利で支払った利息を過払い金と呼びます。法改正によって出資法の上限が利息制限法の上限まで引き下げられたことで現在はグレーゾーン金利はなくなっています。また、無効な金利を条件を満たしていれば適正とするみなし弁済制度も廃止されています。これにより、過払い金を返還請求で取り返すことが認められています。

過払い金返還請求を行う際の注意点として、10年間で請求権が失われる時効があります。これは最後に返済を行ったときを起点とするため、完済時から10年になります。一度完済してから間を空けずに借り入れを行った場合について、以前の借り入れと連続したものとして扱われるケースもありますが、判断が分かれます。また、請求権があってもサラ金業者が倒産してしまうと請求できなくなります。そのため、完済している場合は早めに請求を行った方が良いでしょう。

過払い金返還請求はデメリットもあります。まず、請求を行ったサラ金とは関係が悪化するので今後の借り入れができなくなります。ただし、サラ金を利用せずに金利の低い銀行からローンを組めば良いので大きな問題ではありません。請求を行ったタイミングで債務整理の記録が残ることは注意が必要です。完済したものに関しては影響しませんが、返済中であれば債務整理になります。手続き開始時に記録が残り、引き直し計算で借り入れが全てなくなれば記録はなくなります。しかし、借り入れが残ると信用情報に5年間は記録が残ります。

過払い金返還請求は個人で行うよりも司法書士や弁護士に依頼するのが良いでしょう。報酬が必要になりますが、過払いがいくらあるのか計算するのが面倒であり、サラ金との交渉にも時間がかかります。また、返還する金額を減額しようとしてくるため、専門家が対応した方が手元に戻るお金が多くなる可能性が高くなります。

公式サイトで詳細を見る公式サイトで詳細を見る
サラ金とは
サラ金に関する記事一覧