サラ金で即日融資!最短1時間でお金を借りる方法!サラ金で即日融資!最短1時間でお金を借りる方法!

サラ金で即日融資ならプロミスが最適!

最短1時間で借りるには平日14時までにWEB申し込みを完了させて、無人契約機で専用カードを受け取りましょう。15時以降や土日は22時までに申し込みを完了させましょう。

やり取りはWeb完結するので、来店なしで契約できるプロミスがオススメ!

                                         ※30日間無利息サービスのご利用にはメールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です
プロミス
ココに注目初めてご利用なら30日間利息0円
プロミスの特徴まとめ
  • 即日融資可能!
  • 申し込みはWebで完結!
  • お得なポイントサービス!
審査時間 融資までの目安 実質年率 利用限度額
最短30分 最短1時間 4.5%~17.8% 500万円
公式サイトで詳細を見る公式サイトで詳細を見る
↑たった3項目入力するだけの3秒診断が人気!女性はプロミスレディースがオススメ
サラ金とは

サラ金って怖くないの?

サラ金とは「サラリーマン金融」の略称で、街金などとも呼ばれていました。現在は「消費者金融」と呼ばれています。

「サラ金はブラック企業ばかりですか?」とか、「サラ金は利子が高いイメージしかない」、「取り立てが怖くて借りれない」などマイナスなイメージを持ってる方がいますが、ヤミ金とは全く違う金融業者です

なぜこういうイメージがあるか?というと、ヤミ金などを題材にした映画や漫画が流行ったせいでもあります。むかしのサラ金はひどい取り立てをしていたり、多重債務者を作ってしまうような原因になっていました。そういったことから国が動き、法律を厳しくし、貸金業法を大きくは3回改正しました。その度に悪い業者は潰れ、残った金融業者はクリーンなビジネスをするように変化していきました。

一方で、法律を守らずに高金利で莫大な利息を消費者からかすめ取ろうとする貸金業者がいまだにありますが、これをヤミ金と言います。こういったところからは絶対に借りないようにしてください。仮にヤミ金しか借りれるところがないとなった場合は債務整理をおすすめします。

サラ金と闇金の違いを教えて!

●両者には法律を守っているかどうか

法律を守って銀行のように営業しているのがプロミスやアイフルなどの消費者金融です。怖いお兄さんの強引な取り立てや車や家具などを差し押さえられることはありません。

大手の消費者金融は絶対にやりませんが、ヤミ金などは契約をしていない者に対してダイレクトメールを送ることがあります。そういう勧誘のメールはまず偽物と考えましょう。大手が行っているのは既存客に融資枠を広げる提案の連絡だったり、2社以上借りてる場合に「借入をまとめませんか?」などの場合だけです。

● 違法な金利で貸付を行う


一般的な金融会社では、金利の上限を20%としてそれ以下で貸し付けを行っていますが、闇金はこの上限を超えて違法な貸し付けを行います。

● 国や都道府県に営業許可を受けていない


正規の貸金業者であれば、国や都道府県から与えられている貸金業登録番号が登録されていますので、金融庁の「登録貸金業者情報検索サービス」から確認すればその業者が違法な融資を行う会社なのかどうかが分かります。この金融庁のページではハイフンなしで電話番号検索がいいでしょう。

● 固定電話でなく携帯電話の番号を広告に載せる


貸金業を行うには、必ず固定電話での番号登録が義務付けられています。しかし、闇金はこの方法をとらず、携帯電話番号を広告に記載させています。 また会社名も大手と似たような名前を付けていることもあります。

また「誰にでも貸します!」などや、「激甘審査」などのような表現も法律で禁止されていますので、聞いたこともない業者からお金を借りないように注意しましょう。

これらはどれも違法なことであり、闇金と正規の業者を見分けるポイントになります。このように、サラ金と闇金ではその在り方に大きな違いがあるのです。

今のサラ金は安全なの?

年々法律が厳しくなってきた背景もあり、大手の消費者金融は銀行並みに安心して借りれる時代になりました。しかし安心だからといって何社からも借りて多重債務者には絶対ならないようにしましょう。

サラ金を利用した口コミ体験談

友達に旅行に行こうと誘われ、二つ返事で「行く」と返事を返しました。しかし、ATMで自分の貯金残高を見ると、とても旅行に行けるような余裕はありませんでした。
給料が入るのはまだ半月ほど先だし、どうしたものかと困っていたところ、数年前に利用したサラ金をあらためて利用することにしました。

前回同様、審査などの手間なくすぐに借りられ、月々の返済も無理のない額を提案してくれました。借りたお金で無事に旅行を楽しむことができましたし、返済も滞ることなく完了。サラ金を利用した当初は、何度も利用することなど無いだろうと思っていましたが、人生なにがあるかわからないものだと良い勉強になりました。

私は数年前に病気を患ったせいでお金に困った事がありました。保険は下りたのですが貯金がなく、医療費を払うことが難しい状態でした。そこで、サラ金からお金を借りました。手続きは難しいのかなと考えていましたが、実際は郵便局のATMを操作するのと同じくらい簡単に操作が完了したのでびっくりしたものです。

それから何度か、友人との飲み会の時や、会社の忘年会、新年会のときなど、急にお金が必要になった時にはサラ金を利用させてもらっています。

何度か借入先を変えたりして、どの会社から借りるのが良いだろうかと模索していた時もありましたが、大手のサラ金で気持ちよく対応してもらえました。困った時は頼りになる存在です。

私は、先日初めてサラ金を利用しました。安心したかったので大手の消費者金融を利用することにしました。

借りた額は10万円程度で収入証明書の提出は必要いらないと言われました。無人のボックスを活用して手続きを完了させたため、自宅に書類などが送られてくることなく、家族にも知られず、お金を借りることができました。
HP上で紹介されていた通り、1時間程度でお金を受け取ることができました。

また、接客を担当してくれた方は女性で威圧的な様子もなく、普通の金融機関の窓口対応のような親切な方でした。
映画の見過ぎかもしれませんが、怖い人が接客対応だと嫌だなと思っていたので少し驚きました。これならもしもの時にまた利用できるかもという印象をもちました。

おすすめのサラ金はこちら
プロミス
ココに注目初めてご利用なら30日間利息0円
プロミスの特徴まとめ
  • 即日融資可能!
  • 申し込みはWebで完結!
  • お得なポイントサービス!
審査時間 融資までの目安 実質年率 利用限度額
最短30分 最短1時間 4.5%~17.8% 500万円
公式サイトで詳細を見る公式サイトで詳細を見る
↑たった3項目入力するだけの3秒診断が人気!女性はプロミスレディースがオススメ
SMBCモビット
ココに注目最大限度額800万円!
SMBCモビットの特徴まとめ
  • Web完結申し込み!
  • 誰にもバレずに借りられる!
  • 10秒簡易審査!
審査時間 融資までの目安 実質年率 利用限度額
10秒簡易審査 最短即日※ 3.0%~18.0% 800万円

※申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。

公式サイトで詳細を見る公式サイトで詳細を見る
↑10秒簡易審査

サラ金の即日融資は最速?

ユーザーに喜ばれている消費者金融の即日融資は、かなり満足度が高いです。申し込みから利用できるまでの時間が、銀行と比べて圧倒的に早いです。それは独自のノウハウを使っているので審査スピードを短縮しています。

最短でキャッシングしたい場合は下記の2パターンがあります。

●平日の14時まで

インターネットから14時までに申し込みを完了させて、審査が終わり契約になりますその後自宅や会社の近くの無人契約機でカードを受け取りましょう。

取りに行くのが面倒くさいと思うかもしれませんが、そうすることで郵送での家族バレを防げますし、送ってもらう場合はカードの受け取りが翌日になるので、時間の短縮になります。

●平日の15時以降または土日の申し込み

インターネットからの申し込みを21時までに完了させて無人契約機で22時まで(一部店舗は21時まで)にカードを受け取りましょう。土日は勤務先の会社が休みなこともあり、在籍確認が取れず契約が翌日になることもあります。

プロミスは申し込み後すぐにプロミスコールにかけて相談することで、別の方法での在籍確認を提案してもらえることがあります。またSMBCモビットは条件が揃えば電話連絡なしで審査に通る場合もあります。

●ネットからの申し込みが最短

インターネットから申し込み、無人契約機でカードを受け取る流れは、時間帯関係なく最短で借りれる良い方法です。

サラ金の審査に通らない理由

審査に通るかどうか心配になりますよね。公式なページでは審査基準を公開していませんので、「どういいう人が落ちているのかを知りたい!」と思う方は多いでしょう。

●どこでも見られる3つの審査基準

第一に年収、次にいまの借金の総額、そして過去の経歴です。年収は定職に就いてることが前提で、無職の人はまず審査に通りません。年収が100万円前後のアルバイト・パートでも審査に通りますが、限度額がかなり低くなります。

●他社の情報は言われなくてもわかる?

貸金業者や銀行などはJICCやCIC、KSCといった信用情報の機関に加盟しており、その情報を引き出すことによって他社の申込履歴や借入額などがわかります。ですのでウソの情報を記入するとバレますし、信用が下がって審査落ちに繋がるので絶対にやめましょう。

●審査に通るためのコツ

自分の状況に適したローン会社を選ぶ必要があります。例えば年収が150万円ほどで大手の銀行から借りようとしても通りませんし、自己破産などの経歴があるのに中堅の消費者金融で審査にかけても無理です。

●こういう人は落ちる?

・ 金融事故情報がある

長期延滞、債務整理、強制解約などがあると、ほとんど即審査落ちになります。

・ 他社の借入額が多い

消費者金融は総量規制という法律により、申し込み者の年収の3分の1までしか貸せないことになっています。例えば年収300万円で、100万円が限度額の人がすでに80万円借りていた場合、「あと30万円追加で融資して欲しい」と言っても通りません。

・ 他社の借入件数が多い

3~5社以上あると返済能力が下がると判断されるので新規で借りるのが難しくなります。

・ 他社の申込記録があると落ちる?

過去1ヶ月以内に3件以上または、過去2週間以内に2件以上申込の記録があると通りにくいでしょう。

●収入や職業の影響はあるの?

・ 毎月1回以上の安定した収入があるか

毎月の収入があっても固定給ではなく歩合制だったり、投資による収入や不動産収入は安定した収入と判断されないことがあります。

・ 専業主婦、学生は落ちる?

消費者金融では収入が無い専業主婦をそもそも受付していません。銀行に関しては旦那さんに安定して収入があることを条件で申し込みが出来ます。

学生は20歳以上で安定収入があれば問題ありません。ただ限度額は10万円以下になることが多いです。

・ 年金生活者は落ちる?

申込自体を受け付けてないところもあります。学生と同じように限度額は低めになります。

・ 外国人は落ちる?

銀行は永住権が必衰になりますが、消費者金融は日本語の読み書きとある程度の日常会話が出来て安定収入があれば借りれます。

・ 正社員でないと落ちる

雇用形態で審査に落ちることはありません。派遣社員や契約社員、アルバイトなどでも大丈夫です。

・ 勤続年数で落ちる

特にアルバイトで3ヶ月未満で収入証明書が提出出来ないと落ちることはあります。

●審査が甘い消費者金融はあるのか?

審査が甘いところはありますが、そういった業者は違法業者の可能性が高いです。

サラ金の金利について押さえておきたい4つのこと

・他の銀行や信販と比較したい!
一般的なカードローンでは、貸金業法の関係で金利の上限が20%に設定されています。消費者金融では金利の上限が18%前後となっており、銀行系の金利の上限は14%前後。
信販系のカードローンでは金利の差にばらつきがあり、最大で18%のところが多いですが、15,6%と銀行に匹敵するような金利を掲げている会社も少なくありません。
また、銀行では金利が安い代わりに審査が厳しく、融資までの日数に時間がかかる傾向があります。信販系も同様の傾向があります。
ですので、今すぐに借りたい人は消費者金融がおすすめです。

・初めての人は絶対に上限の金利になる
初めてカードローンを組む人は、比較的少額の融資しか受けられないうえ、必ずと言っていいほど金利上限でお金を借りることになります。
これはなぜかというと、それはまだ金融業者に対する信用が作られていないからです。
カードローンの基本として、借りて、完済して、ということを繰り返すことで、金融業者からの信用を蓄積させていきます。 ですので、初めてということはそうした信用がまだ無いことを意味しますので、金利は最大上限で少額の融資から、ということになるのです。

・金利のシミュレーションをしたい人
金利の意味は分かったけれど実際の計算方法がわからない、という人は多いのではないでしょうか。
カードローンの利息計算方法は以下の通りになります。

借入金額×金利÷365×借入日数=利息

ですので、例えば借入金額が5万円で金利が18%、借り入れ日数が30日だとしたら、計算式は、

50000×0.18÷365×30=

となり、利息額は740円となります。
実際の借入額と金利を計算して、無理のない返済計画を立ててからカードローンを利用するとよいでしょう。

・2017年の最新のカードローン金利
消費者金融や銀行などのカードローンは、住宅ローンのように変動金利ではなく固定金利を採用しています。
ですので、途中で金利が高くなるというようなことはありません。

たくさんある返済方法、どれが一番いいの?

カードロ-ンの返済にはいくつかの方法があります。今回はその一覧と最もおすすめな返済方法をご紹介しましょう。

・Web返済
 Web上から会員専用窓口にログインし、ネットバンキングから返済したり、特定の銀行口座から返済する方法です。金融会社によっては24時間365日返済が可能な場合もあり、加えて手数料がかからないこともありますので、最もおすすめできる返済方法です。

・口座引き落とし
銀行口座から決まった期日に引き落としがされるので、基本的に延滞の心配がない、おすすめの方法です。ただし、通帳記入した時に履歴が残るので、その点が気になる方は注意してください。

・振込返済
 銀行口座からATM経由で振り込んで返済する方法で、お手軽な反面、手数料が本人負担となるのが玉にキズです。

・ATM返済
 自社ATMやコンビニATMで返済する方法で、手数料は1万円未満では108円、1万円以上では208円となります。ただし、カードローン会社によっては無料のところもあります。手数料がかかる場合も少なくないので、おすすめ度としてはいくらか低くなります。

・窓口返済
 店頭窓口で直接返済する方法ですが、手間がかかるため利用者は比較的少ない傾向にあります。あまりお勧めできる方法ではありません。

ちなみに、プロミスでは口座振替の場合とローソンのLoppi、またはファミマのFamiポートで返済すればの手数料無料で利用ができます。
銀行振替の場合、そして提携ATMを利用する際には、1万円以下は108円、一万円以上以上は208円の手数料が利用者負担となります。

昔のサラ金から現代まで

1970年代
この時代のサラ金は「街金」とも呼ばれ、一般庶民に親しみのある貸金業者でした。
サラ金と呼ばれるようになったのは、サラリーマンを対象としてお金の貸し付けを行っていたからです。
サラリーマン金融、略してサラ金、というわけですね。
サラ金問題、今でいうクレサラ問題が初めて起きたのもこの時代で、貸金業者は高金利や過剰な取り立てといった違法な行為を消費者に対して行うことも少なくありませんでした。
消費者側も、多重債務や長期にわたる滞納をするようになり、お互いの溝は深まるばかりの冷たい時代がそこにはありました。

1980年代~1990年代
この時代に初めて、アコムが今ではお馴染みとなっている自動契約機の「むじんくん」を設置しました。
自動契約機は人のいる店舗でも月に40件しか契約をとれない場所で、なんと100件以上もの契約をとるという大活躍をみせたのもあって、各金融業者がこぞって無人契約機を設置するようになりました。

一方で、今では考えられませんが、かつてのサラ金は消費者に対してヤクザ顔負けの厳しい取り立てを行うことがありました。
その背景には日本のバブル崩壊という日本国全体の多大な不景気があり、消費者の多重債務や自己破産が著しく増えたことが関係しています。

不景気によってそれまで借りていたお金を消費者が返せなくなり、サラ金業者は強硬な取り立てを行う他ありませんでした。
しかし、そうした手段に出たことがかえってサラ金そのもののイメージを悪化させ、一般市民に「サラ金は怖いところだ」というイメージを植え付けてしまいました。
現代まで続く消費者金融とユーザーの摩擦は、70年代にはじまり、80年~90年代にはその萌芽をみせていたのです。

サラ金という言葉に悪い印象を抱いてしまうのは、こうした時代背景があってのことなのです。

2000年代~現代

現代では、そういった過去を反省し、「サラ金」に代わる新しい言葉として「消費者金融」という言葉を使うこと、それから若いタレントさんなどを起用したTVCMを放映するなどして、悪いイメージのあった貸金業者全体のイメージアップを図ることに努めました。

それから、2010年に総量規制という法律が施行されたことで、ユーザーは年収の3分の1までしか借りることができなくなりました。
というのも、これまでは借入金を特に規制することなく貸し付けていたため、高額の貸付になるほど滞納する人たちが増えていました。そのことを解決するために、借入額を年収で制限するこの法律ができたのです。

そのかいもあってか、現代では違法な高利貸しを行うヤミ金にお金を借りに行く人は激減し、ユーザーと消費者金融の友好的な関わりが一段と強くなったのでした。

今ではすっかり馴染みのあるプロミスやアイフルなどの消費者金融ですが、かつてはこうした歴史、紆余曲折あって、現在のようなユーザーにとって親しみのある貸金業者へと生まれ変わったのですね。

大手で借りることと中小で借りることはこんなに違う!

消費者金融の中でもプロミスやアイフルのように大手と呼ばれているカードローン会社には独自のメリットがあり、ライフティやセントラルのような中小金融会社にも同様にメリットがあります。

・大手のメリット
インターネットで気軽に申し込め、銀行と提携していれば、ATMで24時間キャッシングが可能なところもあります。
また、中小よりも借り入れ最大限度額が高いところが多く、中小は利息20%のところが多い中、大手では18%を上限としているところが多い傾向にあります。

・中小のメリット

大手の銀行、消費者金融の審査に通れない人のために、柔軟に対応してくれることも少なくありません。大手と同じ審査基準でやっていては大手に勝てないため、やや審査を緩くしているようです。 しかし審査に時間がかかることが多く、「2日も待たされた」という声もあります。

大手と違い、全国に店舗があるわけではなく、その地域に住んでいる方限定ということもあります。

申し込みはWebで完結!
プロミス
↑初めてなら30日間利息0円
10秒簡易審査!
SMBCモビット
↑電話連絡・郵送物なし
サラ金に関する記事一覧